ゲームの人気を支えるアニメ

華麗なアクションを盛り上げる

スマートフォン向けゲームで人気のあるジャンルは様々なものがありますが、中でも多くの人が熱中するのはバトル要素のあるゲームでしょう。単純に敵キャラクターと戦って経験値やアイテムを得たり、あるいはオンライン上で他プレイヤーと得点を競い合ったりと、ついつい夢中になってしまった経験のある人は多いのではないでしょうか。人は闘争心や競争心を煽られると、良い結果を出そうとのめり込んでしまうものです。

スマートフォン向けゲームに限らず、強い敵と対戦できるアクションゲームは昔から根強い人気があります。しかし、スマートフォンの画面サイズと指先を使う操作性を考えると、従来のアクションゲームのような複雑なキー入力で遊ぶゲームは不向きです。そうかと言って、単純にボタンひとつを押して勝ち負けが決まるようなゲームを真剣に遊び続けてくれる人はなかなかいません。そんな単純さで楽しめるのはせいぜいジャンケン程度でしょう。

そこで、最新スマートフォンのグラフィックの美しさを活かし、尚且つゲーム内のアクションを盛り上げるために重要なのがアニメーションによる演出です。指先でタップしたところからキャラクターが力強く跳躍し、鮮やかなエフェクトを画面いっぱいにキラキラと散らしながら華麗な必殺技を対戦相手に繰り出せば、たとえコマンドの入力操作自体は単純でも「ゲームをプレイしている、キャラクターを動かしている」という満足感が得られるでしょう。アクションゲームでプレイヤーが求めるのは「強い相手を倒すこと」、そして「爽快感」です。強豪や多くの敵を打ち倒し、すっきりとした勝利を得るためには華麗な必殺技や派手なエフェクトが欠かせません。逆に、普段あまりアクションゲームが得意でない人がプレイしても、簡単な操作で派手な動きとゲーム性が楽しめるでしょう。

しかし、見た目が派手な効果をただ大量につければいいという訳ではありません。大切なのは、プレイヤーが「何の効果が画面のどこに起こっているのか」を理解しやすい演出なのです。一度に画面中の様々な場所でアニメーションのエフェクトが表示される場合、何が一番重要で、どこを見るべきなのかハッキリとわかるように示さなくては、プレイヤーは混乱してしまいます。キャラクターとメインのエフェクト以外の画面内のアニメーションをあえて一時停止させて視線を集中させる、エフェクトの流れでプレイヤーの視線を誘導するなどの工夫が必要です。スマートフォン向けアクションゲームのアニメーション制作とは、人目を惹きつける大胆さと画面全体をまとめる繊細さが同時に求められる仕事だと言えるでしょう。